台湾入国時・帰国時に必要なもの【2022年12月版】まとめ

往復2万円を切る航空券でとてもお安く美味しく楽しめる海外旅行として大人気の台湾。現在は往復3万円以上になってしまいましたがまだまだ魅力は衰えません。コロナに関してかなり厳しい入国制限をしていた台湾ですが緩和傾向にあります。行きたいけどどうしようという方が多いのではないでしょうか。そこで台湾入国時に必要なもの、滞在時における注意点などをまとめてみました。

では新型コロナに関わる出入国に必要なものと滞在時の注意点を見ていきましょう!【2022年12月版】

最新情報
  • 2022.12.10 入国者数 上限撤廃
  • 2022.12.01 入国者数 上限1日20万人、外出時のマスク着用義務撤廃
まだリスクあり

台湾入国

① パスポート

これだけ!いつも通り日本の空港へ行きチェックイン。以上。

※観光で入国する場合はビザ不要。

台湾滞在時の注意点

7日間の自主防疫期間
空港で無料の検査キット4つが配布されて2日おきに検査。公共交通機関を使って移動する場合は空港にて1回目の検査を各自で実施。翌々日に再検査して7日間は陰性を確認しましょう。陰性証明は2日間(検査日と翌日)の効力があり、陰性の写真を撮って行動しいつでも証明できる状態ならば自由に旅行ができます。外出しないなら検査する必要がありません。一般的な旅行者の検査の流れは次のようになります。
0日目 入国時に検査キット受取、空港で検査(1回目)
1日目 なし
2日目 ホテルなどで外出前に検査(2回目)
3日目 なし
4日目 ホテルなどで外出前に検査(3回目)
5日目 なし
6日目 ホテルなどで外出前に検査(4回目)
7日目以降 なし

② ホテルは原則1名1室(自主防疫期間中)
自主防疫期間中は原則として自宅・親戚・友人宅またはホテルの1名1室(独立のトイレ・バス)で滞在することが求められます。ただし同一の旅行日程で行動する同じ人との同室滞在は可。

③ マスク着用義務
12月1日から外出時のマスク着用義務撤廃。ただし屋内や公共交通機関などではマスク着用。年末年始のカウントダウンイベントなどは今後感染状況をみて発表される予定。マスクの着用義務は日本と同程度です。

日本帰国

① パスポート

② 次の2つのうちのどちらか

  • 接種済3回以上のワクチン接種証明(アプリまたは書類)
  • 台湾出国前72時間以内に検査を受けた新型コロナウイルス陰性証明書

※台湾出国時にも空港で提示が求められる可能性があります

③ Visit Japan Web(入国手続オンラインサービス)への登録
※必須ではありません
これは事前に登録すると帰国時に楽になるというシステムです。帰国の6時間前までに登録が完了しないと承認されないみたいなので余裕をもって登録しておきましょう。また登録していない人は検疫時に「質問票の提出」が必要です。質問票はネットに接続したスマホに入力してQRコードを発行するシステムです。

④ スマホ
Visit Japan Webを見せるときや質問票の提出にはスマホが必要です。

自主防疫期間中に陽性になったら

①空港で検査し陽性だった場合
空港職員に伝えて指示を仰ぎます。
②ホテル等で陽性だった場合
検査キットに入ってる紙にあるQRコードを読み取って指定の医療機関に相談し指示を仰ぎます。基本的には滞在している場所近くにあるオンライン診療可能な医療機関を確認し診察予約をして受診する流れです。

日台交流協会のホームページによると

簡易検査が陽性であれば、速やかに医者にかかり、リモートやオンラインの診療、又は家族・友人或いは地方政府衛生局が手配する診療所や在宅治療の担当病院・診療所(衛生所を含む)に簡易検査の陽性結果を評価してもらう。感染確認後、医者の診察が必要であれば、自家用車、自転車、徒歩、家族・友人の送迎(双方が全行程でマスクを着用すること)、或いは、地方衛生局の手配によって医者にかかるようにする。感染リスクを低減し、ともに国内のコミュニティーの安全を維持し守るため、医者にかかる際は医療用のマスクを着用しなければならず、公共交通機関を利用して病院に行くことを禁止する。

とあります。公共交通機関の利用不可です。現状、検査キットでの陽性時にリスクありです。語学が堪能な方でないと対処が難しいです。基本的に陽性の場合は隔離ホテルなどに移動にして7日間の隔離になると思います。

まとめ

最初にも書いたのですが「リスクあり」です。台湾では新型コロナをきちんと検査しているため陽性率が高います。ただし「台湾旅行中に陽性」になった人を検索すると数名程度しか出てきません。そうゆう意味では安心できます。個人的にはもう少し緩和されるのを待ってもよいかなあ~と思います。

台湾をご旅行される方はソーシャルディスタンス、うがい、手洗い、マスクをしっかりされてください。新型コロナ対応の海外旅行保険もお忘れなく!早くコロナが明けていつも通りの海外旅行が復活するといいですね。では!

スポンサーリンク